2020年2月20日(木)複合棟102教室

発表者 35名
番号時間研究室発表題目時間(分)
19:00-9:13宇宙Smoothed Particle Hydrodynamics法による流体シミュレーション13
29:13-9:33宇宙一般相対論における球対称星の重力崩壊20
39:33-9:53磁性${\rm EuAu}_5$の圧力下輸送特性と磁気転移温度の圧力依存20
49:53-10:13磁性${\rm PbTe} $の伝導機構と圧力誘起相転移20
510:13-10:26山本JALグループとANAグループの航空路線図に対する複雑ネットワーク解析13
610:26-10:39山本ボイドモデルにおけるペースメーカーの効果13
10:39-10:49休憩10
710:49-11:09構造物性ゲル法で合成したシュウ酸カルシウム結晶の構造解析20
811:09-11:22構造物性$({\rm Sb}_2{\rm S}_3)_{1-x}({\rm CuI})_x$のメカニカルミリング13
911:22-11:35構造物性塩化カリウムの結晶構造の熱的乱れ13
1011:35-11:48椎名ハニカム格子ハバードモデルの電子状態13
1111:48-12:01椎名近藤格子モデルにおける反強磁性秩序と準粒子状態の平均場解析13
1212:01-12:14安田ハニカム格子と三角格子反強磁性ハイゼンベルグ模型 における古典的基底状態13
1312:14-12:27安田次近接相互作用をもつハニカム格子反強磁性ハイゼンベルグ模型の基底状態13
12:27-13:30お昼休み63
1413:30-13:43眞榮平バンド理論で探るPd13
1513:43-13:56眞榮平相対論的バンド理論を用いたAcの電子構造とフェルミ面13
1613:56-14:09眞榮平ウラン酸化物${\rm UO}_3$の理論的研究13
1714:09-14:29素粒子暗黒物質とは何か?20
1814:29-14:49素粒子量子力学の中の古典力学20
1914:49-15:02仲宗根高分子の光による強度変化13
2015:02-15:15仲宗根高分子物質における粘弾性の現象論13
15:15-15:25休憩10
2115:25-15:45NMRNMRでみる反強磁性体${\rm PrGa}_2$の磁性ヘリウムの固化と結晶構造について20
2215:45-15:58稲岡強束縛近似による新規炭素原子層電子構造の研究体13
2315:58-16:11柳澤有機半導体の表面での分子配向と電子多極子の効果13
2416:11-16:24柳澤p,n型フタロシアニンのキャリア注入準位に関する理論的研究13
2516:24-16:37阿曽小型熱電装置の製作13
2616:37-16:50小林新奇${\rm Cr}_5{\rm B}_3$型希土類化合物の第一原理計算による探索13
2716:50-17:03小林フラストレートCe近藤化合物${\rm Ce}_5{\rm Si}_3$のSiサイト置換効果13
2817:03-17:16小林Ce-Ge-Te系新奇層状化合物の探索13
  • 1名発表 - 13分(発表10分+質疑3分) 1鈴7分・2鈴10分・3鈴13分
  • 2名発表 - 20分(発表16分+質疑4分) 1鈴13分・2鈴16分・3鈴20分

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-18 (火) 22:44:39 (244d)