今後の予定

★令和元年11月21日(木) 4時20分〜

場所 : 理学部A313教室

講演者: 島田英彦(沖縄科学技術大学院大学 (OIST) )

講演題名: M理論の定式化について

講演概要:

 自然界の基本的な自由度が粒子ではなく1次元のひも(弦)であるとする弦理論は, 量子重力を含む自然界の統一理論の有力候補です. しかし,現在の弦理論の定式化は,弦同士の相互作用が弱いという近似に基づいたものです.理論の真の「非摂動的」な振舞いは,一般に近似にもとづいた「摂動的」なものと全く異なるものになり得ます.そのため, 今日の弦理論そのものの理解は極めて不十分なものと言えます.

 それでも, 様々な間接的な議論によって, 弦の非摂動的な性質もある程度明らかになってきています. 特に相互作用が強くなるある極限で, 弦理論が弦でなく2次元の膜を自由度とする理論(M理論)になることが予想されています.このM理論は, 弦理論の非摂動的性質として最も重要なものの一つですが,その一方でM理論をどうやって定式化したらよいのか(基本自由度はなにか,どのような作用で書けるか)には未だにコンセンサスがありません.この講演では, M理論について, またその定式化の現状と課題について解説します.


過去の談話会

★令和元年9月26日(木) 15時0分〜

場 所: 理学部A313教室

講演者: 筒井 泉(高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所)

講演題名: 弱値と弱測定:新しい量子物理量の物理的意味とその精密測定への応用

講演概要:

アハロノフらによって30年前に提議された新たな量子力学の物理量概念としての「弱値(Weak Value)」が、近年、2つの理由から注目されるようになってきている。その一つは、状態の選択により「弱値」の増幅が可能となることから、これを物理量の精密測定に利用できることが明らかになったことである。もう一つは、実数値である通常の物理量の測定値と異なり、「弱値」は複素数値を取ることができることから、この自由度を通して、従来から知られた量子力学のパラドックスへの新しい視点が得られることである。この講演では、これら基礎と応用の両面から、量子力学における「弱値」の本質と意義について説明を行う。

★令和元年7月5日(金) 16時20分〜

場 所: 理学部A313教室

講演者: 宇賀神知紀(OIST)

講演題名: 量子重力理論と量子情報理論について

講演概要:

矛盾の無い重力の量子論(量子重力理論)を構成することは、現代理論物理学の中心的な課題の一つである。この研究の過程で、量子重力理論が情報理論と密接なかかわりを持つことが明らかになってきた。その発端となったのは、ブラックホールがその事象の地平面の面積に比例する熱力学的エントロピーを持っていることの発見である。この発見は、有限の領域上で定義された量子重力理論が、この領域の境界における重力を含まない量子論と等価になるというホログラフィー原理に昇華された。また近年その具体例であるAdS/CFT対応が発見され、活発に議論されている。さらAdS/CFT対応において量子情報理論的な概念が中心的な役割を担っていることが明らかになってきた。 本公演では、量子重力理論においてどのように量子情報理論的な概念が組み込まれているのかについて、その現状と今後の展望について解説する。



2018年度の談話会

2017年度の談話会

2016年度の談話会

2015年度の談話会

2014年度の談話会

2013年度の談話会

2012年度の談話会

2011年度の談話会

2010年度の談話会

2009年度の談話会

2008年度の談話会

2007年度の談話会


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-30 (水) 14:37:04 (41d)